結婚式の前撮りとフォトウェディングの具体的な違いとは?

公開日:2021/12/15  

結婚式の前撮りとフォトウェディング、どちらも結婚式の衣装を着用して撮影します。明確な違いは、結婚式を挙げるかどうかという点です。結婚式の前撮りとフォトウェディング、それぞれのメリット・デメリットをご紹介するので、具体的な違いを理解し、自分たちにぴったりの方法を選んでくださいね。

結婚式の前撮りを行うメリット・デメリット

結婚式の前撮りとは、結婚式を挙げることが前提として行われます。結婚式より前、つまり別の日に撮影だけを行うため「別撮り」と呼ばれることも。いったいどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

メリット1「写真を撮ることだけに専念できる」

結婚式当日での撮影は、ゲストへの対応もあり慌ただしくなりがちです。前撮りでは撮影だけを行うため、カット数も多く、心に余裕をもって撮影に挑むことができるといえるでしょう。

メリット2「衣装やロケーションを自由に選択できる」

結婚式とは異なる衣装、好きな季節、思い出の場所など、自分たちの好みに合わせて自由に撮影できます。ふたりらしい、オリジナリティあふれる写真を撮りたいものですね。

メリット3「結婚式に使うアイテムに利用できる」

前撮りでの写真を、ウェルカムボードや披露宴の演出ムービーに使うこともできます。また、結婚式当日のヘアメイクのリハーサルとして前撮りを利用するケースも。

デメリット「費用や時間といった、コストが発生する」

希望する衣装やロケーションによって費用が大きく異なります。また、前撮りは結婚式を考慮した予約が必要となるため、日程を確保する必要も。前撮りは結婚式の約12ヶ月前に行われることが多く、結婚式の準備で忙しい時期ともいえます。余裕をもって計画する必要があるといえますね。

フォトウェディングを行うメリット・デメリット

フォトウェディングは結婚式の代わりとして行われ、新しい結婚式のスタイルとして人気を集めています。とはいえ、デメリットは気になるところ。フォトウェディングを行うメリット・デメリットをご紹介します。

メリット1「誰でも自由に行うことができる」

希望すれば、いつでも誰でも行えるのがフォトウェディングの魅力のひとつ。記念を形に残したい、素敵な思い出を作りたい、そういったさまざまな理由で、思い思いの「写真だけの結婚式」を行うことができますよ。

メリット2「費用や準備に必要な時間を抑えることができる」

フォトウェディングは、結婚式や披露宴を行う費用がかかりません。その分リーズナブルであり、事前に準備をする手間も時間も不要です。結婚式よりも、気軽に行えるといえるでしょう。とはいえ、予約やプランの確認は必要なので充分にチェックすることが大切です。

デメリット「晴れ姿を披露できない」

基本的に夫婦ふたりで行うものであるため、ゲストからお祝いされることがありません。両親に晴れ姿を見せたい場合、結婚式に憧れがある場合には不向きといえるでしょう。とはいえ、スタジオによっては、両親や友人と共に撮影できるプランがある場合も。自分たちの希望をしっかりと確認することが大切といえるでしょう。

結婚式の前撮りがおすすめな人の特徴

前撮りのメリットとデメリットを理解しても、前撮りを行うべきか悩む方も多いのではないでしょうか。続いては、前撮りをおすすめする夫婦についてご紹介します。

結婚式とは異なる衣装や場所に希望がある人

結婚式で着ない和装を選んだり、外で撮影したり。結婚式だけでは詰めきれなかった希望を前撮りで叶えることができます。せっかくの機会のため、後悔しない選択をしたいものですね。

写真撮影が苦手、緊張しやすい人

前撮りは、結婚式よりも少ない人数で時間をかけて撮影します。そのため、写真撮影が苦手な人も撮られることに慣れてくるのではないでしょうか。カット数も多いため、よりベストな写真を選ぶことができますよ。また、お酒を飲むと顔が赤くなる人にも前撮りはおすすめです。

結婚式の演出にこだわりたい人

前撮りでのオフショットや写真を活用することで、オリジナリティあふれる結婚式にできます。ムービーや席次表、ウェルカムボードなどさまざまな演出を自分たちで作り上げるのも、素敵な思い出になることでしょう。結婚式だけでなく、年賀状に使用するのもよいですね。

フォトウェディングがおすすめな人の特徴

注目を集めているフォトウェディングですが、いったいどんな人に適しているのでしょうか。後悔しない選択のためにも、フォトウェディングがおすすめな人の特徴を知っておきましょう。

結婚式を挙げなかった人

フォトウェディングは思い立ったとき、すぐにでも行うことができます。子どもが産まれた記念や結婚記念日など、なにかの記念を一緒に祝うのもよいかもしれませんね。

結婚式や披露宴を行わなくてもよい人

とくにこだわりがない場合、無理に結婚式を挙げる必要はありません。その分の費用を今後の資金に回したり新婚旅行の費用にしたり、有効に活用できるといえるでしょう。

周囲に気を遣いたくない人

結婚式を行うとなると、ゲスト選定といった人間関係に気を遣う必要があります。そのため、あえてフォトウェディングにするという方法も。せっかくの思い出のため、心置きなく夫婦ふたりで楽しむのもよいのではないでしょうか。

 

結婚式を挙げるかどうかが大きな違いである、結婚式の前撮りとフォトウェディング。それぞれにメリット・デメリットがあることが理解していただけたのではないでしょうか。どちらも撮影に専念できるため、オリジナリティあふれる素敵な写真が撮れることでしょう。夫婦ふたりの希望を話し合い、納得して撮影に挑めるといいですね。自分たちらしい、最高の思い出となるウェディングスタイルをぜひみつけてくださいね。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

「より素敵なドレス姿を残したい」「一番綺麗な姿でドレスを着たい」という想いから、結婚式前にブライダルエステを利用される方は多いです。実は、新郎もブライダルエステを受ける人が増えていて、夫婦で

続きを読む

新婦さんはドレス選びで悩んでしまうことが多いです。素敵なドレスは沢山ありますが、より自分に似合うドレス、美しく見えるドレスはどれなのかすぐに分からないからです。そこで利用したいのが骨格診断で

続きを読む

フォトウェディングの中でも、自然の中で撮影するロケーション撮影は人気があります。自然の中で撮影することで、緊張感もほぐれて素敵な写真を撮影できるからです。フォトウェディングでロケーション撮影

続きを読む

フォトウェディングをしたいけど、費用はどれくらい?ロケーションを選ぶと追加費用が掛かるの?衣装は何着着られるの?など、いざフォトウェディングを撮ろうと思ってもさまざまな疑問がありますよね。こ

続きを読む

結婚式といえば、親族や親しい友人たちを招いてパーティーをする披露宴スタイルが一般的でした。近年では大掛かりな披露パーティーまではちょっと。とお考えの人も珍しくありません。しかし、せっかくの晴

続きを読む

結婚式の代わりに行うフォトウェディングを「和装フォトで思い出を残したい」と思うカップルも増えています。和装フォトを残したいけど洋装フォトより高いのではないか?というイメージが強く、不安を感じ

続きを読む

夏のフォトウェディングは、気候も安定しやすく、青空や海を背景に素敵な写真が撮影できるメリットがあります。一方で、日本の高温多湿の夏場の環境では、撮影が大変になることも。この記事では、夏にフォ

続きを読む

結婚式は洋装のイメージも強いですが、和装を選択する女性も多くいます。フォトウェディングの場合でも、洋装と和装どちらも人気です。こちらの記事では、和装フォトウェディングを選ぶメリットや、費用な

続きを読む

野尻写真場 住所:〒866-0866 熊本県八代市鷹辻町5-16 TEL:0965-32-4092 野尻写真場は、「有限会社野尻写真場」が運営しているフォトスタジオです。創業は明治38年と長

続きを読む

堤写真館 住所:〒860-0807 熊本県熊本市中央区下通1-11-13 TEL:096-356-0223 プロのカメラマンに写真撮影を依頼することで、思い出を最高の写真として残すことができ

続きを読む