フォトウェディングにかかる費用を節約する方法について解説!

公開日:2021/12/01   最終更新日:2021/12/15

フォトウェディングでは挙式や披露宴を上げるよりも結婚式にかかる費用を抑えることができます。しかし、フォトウェディングにかかる費用をもっと抑えたい。でも、どうやったらよいのかわからないという方も多いと思います。今回はそんな方のためにフォトウェディングにかかる費用を節約する方法について解説します。

フォトウェディングにかかる費用はどれくらい?

フォトウェディングにはスタジオ撮影とロケーション撮影があるようです。では、それぞれのフォトウェディングにかかる費用の相場を解説していきます。

スタジオ撮影

スタジオ撮影にかかる費用の相場は10~15万円です。スタジオ撮影は、スタジオで撮影するのでセットや小物が限られていて単調な写真になってしまう可能性がありますが、ロケーション撮影に比べるとフォトウェディングにかかる費用を抑えることができます。

ロケーション撮影

ロケーション撮影にかかる費用の相場は15~20万円です。ロケーション撮影は、屋外で撮影するので好きな場所で撮影できるなどのメリットはありますが、移動コストなどが含まれてしまうため、どうしてもスタジオ撮影と比べるとフォトウェディングにかかる費用が高くなってしまいます。

フォトウェディング費用の内訳

フォトウェディング費用の内訳は以下のようになっています。

・撮影代

・スタジオ使用料(スタジオ撮影の場合)

・移動費(ロケーション撮影の場合)

・衣装代

・小物、アクセサリー代

・着付け、ヘアメイク代

・写真、データ代

フォトウェディングにかかる費用を節約する方法

ここでは、フォトウェディングにかかる費用を節約するポイントについて解説していきましょう。

スタジオ撮影にする

それぞれの費用の相場でも説明したように、ロケーション撮影では移動費などがかかってしまうため、どうしてもフォトウェディングにかかる費用が高くなってしまいます。そのため、スタジオ撮影にすることでフォトウェディングにかかる費用を抑えることができます。

平日に撮影する

平日と土日祝日では費用が異なる場合があるようです。平日に撮影した方が費用を抑えることが可能なので、できるだけ平日に撮影するのがよいと思います。また、平日に撮影する場合はスタジオが混雑していないというメリットもあります。

衣装を1着にする

フォトウェディングでは和装と洋装が選べるので、複数の衣装を着ることができますが、その分料金が高くなってしまうようです。可能であれば、衣装を1着にすることでフォトウェディングにかかる費用を抑えることができます。

データのみを購入する

アルバムや写真を購入せず、データのみを購入することで費用を抑えることができます。最近では、PCやスマートフォンを使って画像を修正し、デジタルアルバムを作ることが可能になっているようです。また、データを渡すことでアルバムを作ってくれるサービスもあるので、そちらを活用してみるのもよいと思います。

キャンペーンや紹介を利用する

季節限定のキャンペーンや友人に紹介することで料金が安くなるキャンペーンを実施している会社もあります。事前にフォトウェディングを利用したことがある友人に相談してみることで、費用を抑えられる場合があるようです。

オフシーズンを選ぶ

多くの方が春と秋にフォトウェディングなどの結婚式を行います。そのため、夏と冬は料金が安くなる傾向があります。費用を抑えるためであれば、夏や冬にスタジオ撮影を選ぶとよいでしょう。スタジオ撮影では空調が整備されている室内で撮影を行うため、夏や冬の厳しい暑さや寒さも気になりません。

小物やアクセサリーを持ち込む

小物のレンタルに追加料金がかかることがあります。小物やアクセサリーが持ち込み可能な場合、小物やアクセサリーを持ち込むことでフォトウェディング費用を抑えることができます。

フォトウェディング費用を安価に抑えるために事前に確認するべきポイント

予算を決めておく

打ち合わせの際には、さまざまなオプションが提示されるようです。それらに申し込むことで追加料金が高くなってしまいます。予算が膨らんでしまうのを避けるために、打ち合わせの前に予算を決めておきましょう。

撮影する写真のイメージを決めておく

事前にポーズやシチュエーション、衣装などのイメージを決めておくと、スムーズに撮影をできます。写真のイメージが浮かばないという方は、インスタグラムやツイッターでウェディングフォトを探してみるのもおすすめです。

フォトウェディング費用を安価に抑えるメリット・デメリット

フォトウェディング費用を安価に抑えるメリット

フォトウェディング費用を安価に抑えるメリットは、いうまでもなく費用を抑えることができることです。結婚するとさまざまなことにお金がかかるので、フォトウェディングにかかる費用を抑えることができれば、フォトウェディング以外のことにお金をかけることができます。

フォトウェディング費用を安価に抑えるデメリット

フォトウェディング費用を安価に抑えるデメリットは理想の写真を撮影してもらえない可能性があることです。撮影が終わり、本当はもっと衣装を着たかった、立派なアルバムを作りたかったなどの後悔が生まれるかもしれません。費用を抑えることで理想の写真とは違うものになってしまうかもしれないということは把握しておきましょう。

 

今回はフォトウェディング費用にかかる費用を節約する方法について解説しました。ポイントを押さえることでフォトウェディング費用を抑えることができますが、費用を抑えた結果、理想のフォトウェディングを行うことができないかもしれないということは覚えておきましょう。そのため、費用を抑えることを考える際に、譲れるポイントと譲れないポイントを2人でしっかりと話しあうことが大切です。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

「より素敵なドレス姿を残したい」「一番綺麗な姿でドレスを着たい」という想いから、結婚式前にブライダルエステを利用される方は多いです。実は、新郎もブライダルエステを受ける人が増えていて、夫婦で

続きを読む

新婦さんはドレス選びで悩んでしまうことが多いです。素敵なドレスは沢山ありますが、より自分に似合うドレス、美しく見えるドレスはどれなのかすぐに分からないからです。そこで利用したいのが骨格診断で

続きを読む

フォトウェディングの中でも、自然の中で撮影するロケーション撮影は人気があります。自然の中で撮影することで、緊張感もほぐれて素敵な写真を撮影できるからです。フォトウェディングでロケーション撮影

続きを読む

フォトウェディングをしたいけど、費用はどれくらい?ロケーションを選ぶと追加費用が掛かるの?衣装は何着着られるの?など、いざフォトウェディングを撮ろうと思ってもさまざまな疑問がありますよね。こ

続きを読む

結婚式といえば、親族や親しい友人たちを招いてパーティーをする披露宴スタイルが一般的でした。近年では大掛かりな披露パーティーまではちょっと。とお考えの人も珍しくありません。しかし、せっかくの晴

続きを読む

結婚式の代わりに行うフォトウェディングを「和装フォトで思い出を残したい」と思うカップルも増えています。和装フォトを残したいけど洋装フォトより高いのではないか?というイメージが強く、不安を感じ

続きを読む

夏のフォトウェディングは、気候も安定しやすく、青空や海を背景に素敵な写真が撮影できるメリットがあります。一方で、日本の高温多湿の夏場の環境では、撮影が大変になることも。この記事では、夏にフォ

続きを読む

結婚式は洋装のイメージも強いですが、和装を選択する女性も多くいます。フォトウェディングの場合でも、洋装と和装どちらも人気です。こちらの記事では、和装フォトウェディングを選ぶメリットや、費用な

続きを読む

野尻写真場 住所:〒866-0866 熊本県八代市鷹辻町5-16 TEL:0965-32-4092 野尻写真場は、「有限会社野尻写真場」が運営しているフォトスタジオです。創業は明治38年と長

続きを読む

堤写真館 住所:〒860-0807 熊本県熊本市中央区下通1-11-13 TEL:096-356-0223 プロのカメラマンに写真撮影を依頼することで、思い出を最高の写真として残すことができ

続きを読む